時計のベルトはメンテナンスが重要

カテゴリ

UPDATE POST

2017年09月19日
きちんと長持ちさせたいなら皮ベルトがオススメを更新。
2017年09月19日
バラエティーに富んだ時計ベルトを更新。
2017年09月19日
時計ベルトで自分の個性を演出を更新。
2017年09月19日
時計のベルトはメンテナンスが重要を更新。

カレンダー

2020年4月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ベルトの材質による個人的イメージ

腕時計のベルトの材質と言えば、革、ラバー、金属などが一般的だと思いますが、それぞれの特徴を個人的に、まとめてみましたので参考にしてみて下さい。
【革】ファッションウォッチに良く見られる。カジュアルで色も豊富にあるため服装に合わせやすく普段使いにお勧め。最近ではブレスウォッチのような大きめの革を使うことでデザインも豊富になり、アクセントの一部にも多く使われる。使っているうちに馴染んでくるが、裏側をみると皮脂汚れが見られるためあまり他人に見られたくない。糸のほつれや革の劣化が目立つため余り長持ちしない。
【ラバー】水や汚れ、温度変化に強く、少々雑に扱っても傷まない。主にスポーツをする人や中高生が良く身に着けているイメージ。その材質からどんなに高級な腕時計でもチープに見えてしまう不思議。一部セレブの間で流行ったりもしたが、あれはファッションでいう「崩し」のため、敢えて着けているので注意。
【金属】ステンレス=ステイン(汚れ)+レス=(~ない)つまり「汚れない」という意味そのもので、そんなに手入れをしなくても長持ちする。デザインも豊富で高級感もあり、社会人なら一本は是非持っておきたい。熱を吸収しやすく夏場は火傷することもあるので注意。重たいため慣れるまでは不便に感じる。
携帯電話で時間が確認出来るため腕時計を装着しない人も多いと思いますが、ファッションの一部として使用してみては如何でしょうか?

時計選びは時計のベルトを中心に選ぶ

時計のベルトは金属でできたものや革でできたものがあります。時計のデザインで購入を検討する人は多いと思いますが、ベルトもデザインの一部なので気に入る文字盤でもベルトが気に入らないと購入を躊躇することもあるでしょう。時計のベルトは肌に触れる部分が多いので、皮膚に何らかのトラブルが発生する人もいることでしょう。金属のベルトで金属アレルギーを起こす人もいますし、革製品でもアレルギーはあります。また、革のベルトは水に弱いものが多いので、すぐにボロボロになってしまうこともあります。このことから時計のベルト選びは長く使う上でとても大事なことと言えますので、長く時計を使いたい方はベルトを中心に選んだ方がいいと思います。ベルトがボロボロになってもベルトを取り換えられる時計にするとより長く時計を使うことができるでしょう。ベルトを取り換えられる時計だと、ファッションに合わせてベルトを選ぶこともできますので、様々な使い道も考えられてお得です。少しがんばって購入する時にお金を出すと、ベルトを自由に交換することができる時計を購入することができますので、長く時計を使いたい方は思いきって奮発するといいでしょう。長く使えれば金額なんて気にならないほどの高価な時計に変わります。

CONTENTS

きちんと長持ちさせたいなら皮ベルトがオススメ

時計ベルトの種類や特徴について 腕時計のベルト部分は選ぶ際のこだわりの一つでもあると思います。腕時…

続きを読む

バラエティーに富んだ時計ベルト

時計のベルトを選ぶ際のポイント 時計のベルトを選ぶとき、自分に合ったものを見つけるには、あるポイン…

続きを読む

時計ベルトで自分の個性を演出

時計のベルトを変えて現代風にしよう 親から譲り受けた時計を現代風にアレンジするには、時計のベルトを…

続きを読む