時計ベルトで自分の個性を演出

カテゴリ

UPDATE POST

2017年09月19日
きちんと長持ちさせたいなら皮ベルトがオススメを更新。
2017年09月19日
バラエティーに富んだ時計ベルトを更新。
2017年09月19日
時計ベルトで自分の個性を演出を更新。
2017年09月19日
時計のベルトはメンテナンスが重要を更新。

カレンダー

2020年4月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

時計のベルトを変えて現代風にしよう

親から譲り受けた時計を現代風にアレンジするには、時計のベルトを取り換えることです。時計は短針と長針がバランスよく動き続けることで、時間を正確に刻めます。また大切な思い出の文字盤を使い続けたいならば、ベルトと一緒に修理へ出すことが賢明です。新しい製品は次々とリリースされていますが、大切な時計やそれに伴う価値を知っているならば、ベルトだけでもアレンジさせることが重要です。
時計に使用するベルトは、金属にするかどうかで値段や依頼の方法が変わってきます。温かみのあるデザインとして古くから革製品がベルトには好まれており、現在もアレンジするならば革の方が主流です。男女によって好みの色合いも異なってくることから、自分が自信を持って好きと呼べるパーソナルカラーを採用することが大切です。がっしりとした印象にするならば太めを、美しいかつシャープな印象を残したいならば細めがオススメです。
時計を身につける習慣がある人にとって、ファッションにおけるアクセサリーの一部になっています。時刻を知ることに加えて、文字盤の細かく動くデザインにほれ込んでいるケースが見られます。理想的な時計を探求していけば、自ずとよい結果につながります。

腕時計のベルトの選び方とは

腕時計のベルトは幅が同じであれば、金属でも革でもお好きなものにチェンジできます。今回はベルト素材別メリットをお伝えします。
【革ベルト】
革は、カラーバリエーションが豊富です。ファッションに合わせて色を選べます。また、使用していく内に腕に馴染んでいくので着け心地の違和感が少ないです。
【金属ベルト】
水や汗に強く、中留のついているものだと着脱時に腕時計の落下を防げます。多少汚れがついてしまっても、拭くだけで綺麗になります。
【ウレタンベルト】
水や汗に強く、錆の心配がありません。着け心地が軽く腕への負担が少ないことが特徴です。スポーツタイプの腕時計にウレタンベルトが多く使用されている理由が、上記二つです。
【一本通しベルト】
布地で、ベルトが上下分かれて取り付けされていないベルトです。布地ですので、金属アレルギーのリスクが減らせます。他のベルトと違い付け替えも慣れると自分で出来るので、ひとつ持っておくと便利です。
ベルトの種類に関わらず、腕時計をはずした後に時計本体とベルトをよく拭くことでケースとベルトの寿命が伸びます。ご自身のライフスタイル、水周りで作業することが多ければウレタンベルトもしくは金属ベルト、ファッションに合わせて選ぶなら革ベルトなどチョイス出来るのでベルトにこだわってみると楽しいかもしれません。

CONTENTS

きちんと長持ちさせたいなら皮ベルトがオススメ

時計ベルトの種類や特徴について 腕時計のベルト部分は選ぶ際のこだわりの一つでもあると思います。腕時…

続きを読む

バラエティーに富んだ時計ベルト

時計のベルトを選ぶ際のポイント 時計のベルトを選ぶとき、自分に合ったものを見つけるには、あるポイン…

続きを読む

時計ベルトで自分の個性を演出

時計のベルトを変えて現代風にしよう 親から譲り受けた時計を現代風にアレンジするには、時計のベルトを…

続きを読む