何種類もあると時計ベルトの素材

カテゴリ

UPDATE POST

2017年09月19日
きちんと長持ちさせたいなら皮ベルトがオススメを更新。
2017年09月19日
バラエティーに富んだ時計ベルトを更新。
2017年09月19日
時計ベルトで自分の個性を演出を更新。
2017年09月19日
時計のベルトはメンテナンスが重要を更新。

カレンダー

2020年4月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

時計のベルトはどちらが良いのか

時計のベルトはどちらが良いのか?私は時計が好きで10数本持っています。仕事用、プライベート用と使い分けもあり様々なデザインの時計があるのですが、デザインの好みもありついつい新しいものがあれば買ってしまいます。そしてデザインと同じくらいこだわりを持っているのがベルト部分です。
ベルト部分はステンレスなどの素材のバックル付きのものと皮やシリコンなど柔らかい素材で出来ている穴あきタイプのベルトとふたつのベルトがあります。
私は仕事用にはバックル付きのベルトタイプを使用しています。やはり仕事用はビジネスタイプというイメージでどの場所、場面にも無難に合わせてくれるから好きです。反対に穴あきタイプのベルトはプライベート用に使います。遊びの感じが出ますし、多少動きがあってもスポーティーな場面でも使えるベルトタイプが向いています。
時計によって気分も変わりますし、手首への馴染みかたもバックルタイプと穴あきタイプと違うので使い分けています。しかし穴あきタイプは汗をかくと染み込んでしまう時もあるので好きなデザインの時計があった場合は購入店に相談してベルトを変えてもらうことも交渉します。案外簡単にベルトの取り替えはしてくれるのでおすすめです。

時計のベルトに快適な付け心地を求めたい

いつも身につけている時計の印象を簡単にガラリと変える方法としてベルト交換がおすすめです。ネット通販にも時計ベルト専門店が多数存在しています。ベルトの素材には主に皮革、メタル、プラスチック、ラバーなどがあり、同じ時計をフォーマルにもカジュアルにも見せることができます。
ベルト選びで重視したいのは、やはり付け心地でしょう。肌に密着するものですから、汗や水に強い耐水性の高いもの、蒸れにくいものを選びたいですね。時計のベルトの防水加工には日常生活防水レベルから装着したままマリンスポーツなども楽しめてしまう完全防水タイプまであります。時計本体の防水加工レベルに合わせて選ぶのもポイントになります。
一番出番の多そうな日常生活防水加工のベルトは裏面(肌に接する面)にロリカやカウチックという素材が使われています。ロリカはポリウレタンをメインに作られた人工皮革で、天然皮革に比べて撥水性や耐水性に優れ、付け心地が良いです。カウチックはゴムの木から作られたラバー素材なため、肌触りが良く、汗や水を弾きます。裏面だけにこのような素材を用いて工夫することで、人目につく表面の素材のバリエーションが増えるというナイスアイデアですね。

長年愛用し続けられる皮革製品です。 一流ブランドのベルトを製造しています。 当社のこだわりは、一級品とよばれる素材を手作業で製造することです。 伝統を守り続けるため最高の製品を手作りしています。 ウェブサイトにて革のお手入れ方法や修理についてご紹介しています。 時計ベルトにカラーのクロコダイルなど、常に新しいことに挑戦を続けます。 自社工場をもちひとつひとつ手作業で皮革製品を作っています。 時計のベルト取扱なら【カミーユ・フォルネ ジャポン】

CONTENTS

きちんと長持ちさせたいなら皮ベルトがオススメ

時計ベルトの種類や特徴について 腕時計のベルト部分は選ぶ際のこだわりの一つでもあると思います。腕時…

続きを読む

バラエティーに富んだ時計ベルト

時計のベルトを選ぶ際のポイント 時計のベルトを選ぶとき、自分に合ったものを見つけるには、あるポイン…

続きを読む

時計ベルトで自分の個性を演出

時計のベルトを変えて現代風にしよう 親から譲り受けた時計を現代風にアレンジするには、時計のベルトを…

続きを読む